2018年11月25日

【ニュース解説】胸タッチ、スカートのぞき、外国人労働者(時給400円)のセクハラ被害に絶句 大葉農家であった悲劇


引用元:http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543113184

1 ガーディス ★ :2018/11/25(日) 11:33:04.31

「時給400円でも重大な違法行為で(最低賃金以下で働かせたことを)裁判所が認めたことは意義がある」

 9日、原告側の指宿昭一弁護士(暁法律事務所)は3年にわたった技能実習生のセクハラ訴訟水戸地裁判決を受けて、こうコメントした。

 この裁判は技能実習生の中国人女性リンさん(仮名・32)が雇用先である農家の男性親子と監理団体を未払い賃金とセクハラで訴えたもので、判決はセクハラについて認めなかった。

 リンさんは「がっかりです」と話しており、原告側は敗訴部分を不服として控訴する方針。裁判記録には原告の主張するおぞましいセクハラの中身が事細かく記されていた――。

思わず閉口するセクハラ被害の数々
 訴状などによるとリンさんが入国したのは今から5年前の'13年9月13日のこと。茨城県の大葉農家と雇用契約を交わしたリンさんは同年10月16日から大葉摘みの仕事を始めた。(※編集部注《》内は裁判における陳述)

《私が働くことになった永田幸一さん(仮名)のお宅では、私が来日したときに、すでに5人の中国人技能実習生が働いていました》

 そのときの実習生は全員、女性だった。朝8時から午後4時まで大葉を摘み、休憩時間は午前中の15分と昼休みの1時間。午後5時からは摘み取った大葉を10枚ひと束にする作業。この作業はひと束2円で、時給に換算すると300円だったという。

 リンさんの雇用主は幸一さんだが、実際に具体的な指示をして実習生たちに作業させていたのは幸一さんの父親である永田良作さん(仮名・79)だったという。

 良作さんのセクハラはリンさんの技能実習初日から始まる。

《初対面の私に対して“結婚してくれ”と言い、既婚者である私は何と答えていいかわからず非常に戸惑いました》

言葉によるセクハラは日常的に行われた。

「一緒に寝てくれ」「俺と結婚してくれ」「俺と結婚できなければ、俺の息子と結婚してくれ」「一緒にシャワー浴びたい」

 行為はどんどんエスカレートしていったという。

《私の胸や尻を触ったり、抱きつこうとしてくるようになりました》

自分の股間にバナナを置いて……
 中には常軌を逸しているとしか思えない行動も。
《'14年4月21日、良作さんは、女性技能実習生の前でバナナを食べるとき、バナナを自分の股に置いて振るという猥褻な動作をして、女性技能実習生の反応を見て楽しみました》

《5月28日、良作さんは女性技能実習生と一緒にビニールハウスのビニールを取り換える作業をしていたとき、自身の*を露出して、笑いながら歩き回りました》

 部屋に入ってくることもしばしばあったという。

http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15637146/


4 名無しさん@1周年 :2018/11/25(日) 11:34:15.64

田舎者って本当最低だな…


5 名無しさん@1周年 :2018/11/25(日) 11:34:16.71

言ったもん勝ちだから聞く耳持つ必要なし


11 名無しのリバタリアン :2018/11/25(日) 11:35:42.07

は?女の技能実習生は日本男性の性欲処理妻にするために呼んでるんだからちゃんと仕事しろや。


34 名無しさん@1周年 :2018/11/25(日) 11:39:41.26

>>11
ばか


posted by 美紗ちゃん at 14:22| 山形 ☀| Comment(0) | ニュース速報++ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。