2018年04月27日

【研究】酒に弱い日本人が増えるよう「進化」 遺伝情報から判明[H30/4/27]

1:2018/04/27(金)08:57:38 ID:

 日本人の遺伝情報を調べたところ、お酒に弱い体質の人が増えるよう数千年かけて「進化」してきたことが、
理化学研究所などの分析でわかった。

詳しい原因は不明だが、アルコールに弱い体質が何らかの理由で環境への適応に有利に働いたとみられるという。
24日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに発表した。

 体内でのアルコール分解には、「ADH1B」と「ALDH2」という2種類の代謝酵素が関わる。
それぞれの酵素には、働きが強いタイプと弱いタイプがあり、日本人ではADH1Bの75%、
ALDH2の25%が弱いタイプ。一方、欧米人などは、大半が2種類ともに強いタイプをもつことが知られている。

 日本人2200人の全遺伝情報を解析すると、弱いタイプの酵素をつくる遺伝子のそばに、まれにしか見られない
多数の変異が集まっていることが判明した。

子孫に遺伝情報が受け継がれる際に、変異がこの遺伝子と共に失われずに蓄積してきたことを示しており、
弱いタイプの酵素をもつことが有利に働いた証拠の一つとみられる。弱いタイプの酵素をもつ日本人は、
過去100世代ほどかけて増えてきたこともわかったという。

(以下略)

Yahoo!ニュース/4/26(木) 20:32配信 朝日新聞デジタル
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180426-00000086-asahi-soci

−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
2:2018/04/27(金)13:17:30 ID:
酒が弱いことがイヤだった時期もあるけど、得なこともあったということだな。
3:2018/04/27(金)13:23:08 ID:
過去100世代で淘汰されてきたということは、
その付近にあるという遺伝情報が有利になるような状況が過去100世代の間に起きているということになる
一世代15年から20年とすると、1500年から2000年、30年と長めに見ても3000年
わりと短い期間だと思うが、そんなに強い淘汰がかかるってどういう状況なのか
4:2018/04/27(金)13:24:51 ID:
朝日ソースにはどんな特殊な遺伝情報が近くにあったかは書いてない
5:2018/04/27(金)13:29:19 ID:
「全ゲノムシークエンス解析で日本人の適応進化を解明
−アルコール・栄養代謝に関わる遺伝的変異が適応進化の対象−」
http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180424_2/

>過去数千年間において適応進化の対象となっていた四つの遺伝子領域を同定

>飲酒量などアルコール代謝と、脂質や血糖値、尿酸値など栄養代謝に関わる形質に
>影響を与えている遺伝的変異が、日本人集団の適応進化の主な対象となっていた
>日本人集団に特有の適応進化が存在したことを示唆する結果

「脂質や血糖値、尿酸値など栄養代謝に関わる形質」と「アルコール代謝」らしい
具体的にどんな状況だったのだろう
謎は深まるわー
6:2018/04/27(金)13:33:26 ID:
何処ぞの誰かみたいにアルコール依存症になりにくくなる。
7:2018/04/27(金)13:38:53 ID:
酒強い奴はどっかで外の血が入った可能性があるわけか
8:2018/04/27(金)13:39:33 ID:
少ない量で幸せになれるなら良いじゃない。
逆に日本人はカフェインに強いからレッドブルで死ぬようなこともない。
9:2018/04/27(金)13:43:45 ID:
モンダミンを口に入れただけで顔が赤くなる奴とか?
10:2018/04/27(金)13:44:48 ID:
養命酒で酔っ払うやついた
11:2018/04/27(金)13:46:12 ID:
一方、欧州では下戸が淘汰された
12:2018/04/27(金)13:49:57 ID:
酔っぱらって事故死しちゃうとか
依存症になって生活できなくなるとか
そういうリスクの無い個体の方が
生存競争に有利だったんちゃう?
13:2018/04/27(金)13:50:32 ID:
もう酒も禁止しちゃえよ
14:2018/04/27(金)14:01:15 ID:
>>12
進化論は多分正しいが、
適者生存をあまりに拡大して信じるのはどうかと思う。
進化しても無駄に残ってるところはいっぱいあるように、
無目的なものが多数見られるよ。
15:2018/04/27(金)15:23:26 ID:
気候の問題とかもあるんかね
寒いとこの人は酒に強いイメージあるし
16:2018/04/27(金)15:27:49 ID:
盲腸だって無目的な割には害出すしな
さすがに目的が見えないのに進化はどうなんだろう
17:2018/04/27(金)15:39:15 ID:
>>16
無用の長物と考えられていた虫垂の免疫学的意義を解明 ― 科学技術振興機構
http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140410/

虫垂炎(盲腸)と大腸がんの関係を考える ― 朝日新聞
https://www.asahi.com/articles/SDI201703101030.html

“痕跡器官”とされた脾臓の役割解明 ― ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/nng/article/news/14/1525/
18:2018/04/27(金)15:39:51 ID:
何かスッキリしないな
2〜3000年前からすべての日本人がお酒を嗜んでいただろうか?
そもそも、大昔は、技術的にアルコール度数がかなり低いはずで
今の尺度の強い弱いとは大違いなはずだ
副次的な何かの機能があるのではないか?
そうした考察が、記事からは読み取れない
19:2018/04/27(金)15:40:47 ID:
自分も酒に強い方ではないが、
チューハイや焼酎などは飲んでも平気なのに
ビールだけは強い拒絶反応を起こしてしまう
そのせいで飲み会ではすっかり「飲めないヤツ」扱い。
20:2018/04/27(金)15:41:30 ID:
うそくせえ。
タバコの弾圧が一通り終わりそうだから今度は酒をターゲットにしだしたな。
21:2018/04/27(金)15:42:13 ID:
>>18
研究結果が出たって素直に報じてるだけなんだから良心的だよ。
ここで記者の感想を加えられたらたまったもんじゃない。
22:2018/04/27(金)15:50:18 ID:
山口メンバー「遺伝子が悪かったんだ!」
23:2018/04/27(金)16:30:28 ID:
>>18
記事を見ると酒のみで適応進化がかかったわけではないらしい
酒に弱いという遺伝情報だけでなく、脂質や血糖値、尿酸値など栄養代謝に関わる形質をあわせ、
四つあるらしい

http://www.riken.jp/pr/press/2018/20180424_2/
24:2018/04/27(金)16:38:48 ID:
>>23
糖尿病に関する遺伝情報も絡んでるかいね?
25:2018/04/27(金)16:41:58 ID:
血糖値関係だからそうかもしれない
26:2018/04/27(金)17:03:13 ID:
二三千年だと文化的な理由の可能性もあるがさすがに価値観が違うだろうからまともな推測なんて無理だろう
27:2018/04/27(金)17:06:56 ID:
ビールとか発泡酒とか洋酒とか、本来の日本酒と関係ない酒が多くなっている。
日本酒だって、麹が昔と違っているという話もある。
日本酒でさえ合わなくなっているなら、洋酒はもっと合わなくなっているかもな。

現在の飲食物で、本当に体に良い物ってあるんだろうか?
本当に食べ物が怖くなっている。
28:2018/04/27(金)17:11:27 ID:
>>27
梅干し齧りながら緑茶でも飲んでろ
29:2018/04/27(金)17:18:31 ID:
今も適応進化継続中なんかね?
そこ無気味なんだが
自分、酒強いのです
淘汰されちゃう?
31:2018/04/27(金)17:42:05 ID:
ソースってw
じゃあ↓をどうぞ。

Deep whole-genome sequencing reveals recent selection signatures linked to evolution and disease risk of Japanese
https://www.nature.com/articles/s41467-018-03274-0
32:2018/04/27(金)17:42:07 ID:
人間が農耕始めたのは、酒が手に入るようになるからだという説がある。

栄養過多による2型糖尿病の問題なんてここ100年ぐらいの問題じゃね?
33:2018/04/27(金)18:11:46 ID:
>>32
へー、そんな説があるんですね。
34:2018/04/27(金)18:17:08 ID:
>>33
酒の魔力は侮れないのだよ
35:2018/04/27(金)18:21:06 ID:
一年中酒浸りなわけがないので
稲作適応進化がたまたま酒が弱いに当てはまったとかだよどうせ。
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 18:21| 山形 ☁| Comment(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: