2018年04月25日

【gigazine】ステルス機でも簡単に捕捉できる「量子レーダー」の開発が世界各国で進む[H30/4/25]

1:2018/04/25(水)07:13:04 ID:

特殊な形状と表面塗装によってレーダー波の反射を防ぐことで敵に存在を捕捉されにくくする「ステルス技術」は、
近年の国防において非常に重要な位置を占めています。

しかし、各国で研究が進められている新しいレーダー技術「量子レーダー」はそんなステルス機でさえいとも
簡単に見つけてしまうことが可能になると考えられています。(略)

対象物に電波を発射して、その反射波を測定することで対象物までの距離や方位を知ることができるレーダーは、
1941年にイギリス軍によって実用化されました。
その後、敵の状況を知る索敵(さくてき)のための重要な方法としてだけでなく、航空機や船舶の安全を守るために
レーダーは使われ続けています。

一方、研究が進められている量子レーダーは、距離の離れた2つの光子の間にテレパシーのような力が働いて
同じ状態になる「量子エンタングルメント」と呼ばれる光の現象を利用することで、離れた場所にある物体の
存在を知るというもの。
対象物に向けて照射した光子が対象物によって影響を受けると、その変化が手元に残しておいた光子にも現れます。
つまり、量子レーダーは信号波の反射を観測する必要がなくなるために、どんな高性能なステルス機で
あっても確実にその存在を知ることができるというわけです。

(以下略)

gigazine/4月25日
https://gigazine.net/news/20180425-quantum-radar/
−−−−−−−−
【お知らせ】
偽テンプレを貼る荒らしが現れましたら
通報協力をお願い致します。
−−−−−−−−
2:2018/04/25(水)07:13:58 ID:
じゃあミノフスキー粒子を開発しよう
3:2018/04/25(水)07:15:37 ID:
光が届く範囲内しかサーチできないんじゃ意味なくね
4:2018/04/25(水)07:46:37 ID:
光の量子的特性を利用してノイズリダクションする感じ・・・?
5:2018/04/25(水)09:11:29 ID:
世界各国というほど、出来る国は多くないと思うけどな
6:2018/04/25(水)11:11:26 ID:
【中国】日本がF35を配備しても「量子レーダー」で容易に発見・追跡可能だ [H28/9/26]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1474849432/
7:2018/04/25(水)11:17:20 ID:
双子の片割れを殴ると、家にいる片割れに
タンコブができるってこと?
8:2018/04/25(水)11:38:54 ID:
>>6
中国がJ-20を止めて非ステルス戦闘機を開発し始めたら信じるわw
9:2018/04/25(水)11:43:34 ID:
>>8
( `ハ´) 「いつからJ-20がステルス戦闘機だと錯覚してたアル?」
10:2018/04/25(水)11:46:59 ID:
真田「こんなこともあろうかと」
11:2018/04/25(水)17:01:13 ID:
F-15「やっぱり戦闘機は、殴り合ってなんぼ」
12:2018/04/25(水)17:03:39 ID:
IDがA-6攻撃機だな(w
13:2018/04/25(水)17:08:41 ID:
同じ技術で偽装も自由自在に可能かもなw
14:2018/04/25(水)17:31:54 ID:
光子飛ばして結果見て、ほんの少しだけ角度変えてまた光子飛ばしてってのを
全方位に向けてやらなきゃならんわけで、空間全体をくまなくスキャンするのは大変そうやね
てか、光子の飛ばさないほうの片割れって留め置けるもんなんかいね

あと、大気の分子には影響されんのだろうか
15:2018/04/25(水)17:50:48 ID:
でもそれって、反対側から同じ量子レーダーを使ったら索敵能力は皆無になると思うが?
光子がガンマ線に近いものなら露骨に衝突する事になるんだよね?
でも低ければ衝突ではなく素通りするだけになるので、その対象の物体の手前に照射していたら幾らでも索敵を妨害する事は可能だと思う。
16:2018/04/25(水)18:44:00 ID:
ほんまかいな
量子テレポを根本的に勘違いしてる気がする
17:2018/04/25(水)18:46:21 ID:
だかバイスタテックレーダーなら見えるって。
posted by 美紗ちゃん at 19:59| 山形 ☁| Comment(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: