2017年07月12日

【経済】飲食店困惑 「パルマ風」が使えない?=日欧EPA[H29/7/12]

1:2017/07/12(水)20:43:12 ID:
“松阪牛”や“日本酒”などの名前をお互い保護することが日本とEUの間で決まった。
日本のブランド名が保護される一方で、シャンパンやパルマハムなど、使っていた名前が
今後使えなくなる可能性もでてきている。偽物からブランド名を守る動きを取材した。

■日本とEUとの間で大枠合意されたEPA(=経済連携協定)で、EU産のチーズや
ワイン、日本酒など多くの関税が撤廃されることになった。
この協定には関税の他に、お互いに地名を使ったブランドを保護するという取り決めも
含まれている。
松坂牛の中でも数パーセントしかないという“特産松阪牛”も、保護対象の1つになる見込み。

(略)

■イタリアのパルマで作られる生ハム“パルマハム”は、EUで“プロシュット・ディ・パルマ”
という名前で保護されている。そのため、今後、日本でパルマハムを使っていないものに
“パルマ風”などの名前をつけることが禁止になる可能性がある。

■わかりやすいということで“パルマ”のつくメニューを提供している飲食店では、
「名前を変えなきゃいけなくなる」と、戸惑いの声も。
農林水産省によると、パルマ風などの使用について「本家にあやかろうとしたか」が
使用禁止の判断基準になるという。

全文はリンク先で
日テレニュース24 2017年7月12日 19:02
http://www.news24.jp/articles/2017/07/12/06366836.html
2:2017/07/12(水)20:47:02 ID:
戸惑いもなにも、今までそんな名前で売ってたほうが問題だろ。
3:2017/07/12(水)20:48:32 ID:
フランスパンの名称もも変わるのかな
4:2017/07/12(水)20:57:00 ID:
ハンバーグやウィンナーやフランクフルトもアウト
5:2017/07/12(水)21:26:49 ID:
>>4
フランクフルトは痛いなぁ。魚肉ソーセージでも指差し確認で『フランクフルト!』と唱えれば美味しく焼けて感じる名前だから本家も大事な名前なんだなぁと思った。
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 21:31| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/451746968

この記事へのトラックバック