2017年06月19日

【社会】気温下がり低体温症も、岩手の山菜採り死者5人[H29/6/18]

1:2017/06/18(日)21:54:40 ID:
岩手県内各地で山菜採りがシーズンを迎える中、遭難事故が相次ぎ、死者も出ている。

昨年、一昨年は山菜採りによる死者はいなかったが、今年は既に5人に上る。
この時期の山は夜間、急激に気温が下がり、低体温症が死因となった事例もあった。
県警は「日帰りの予定でも下山できなくなった時のことを考え、防寒具や食料を
携行してほしい」と警鐘を鳴らす。

県警によると、山岳遭難者は2015年が50人、16年は48人。うち山菜採りによる遭難は
15年が7人、16年が8人だったが、いずれも死者はいなかった。
しかし、今年は6月16日現在、山岳遭難者22人のうち山菜採りの遭難は13人と
約半数を占める。亡くなった5人は全員、70、80歳代の高齢者だった。

(略)

県警は「経験者でもトラブルに巻き込まれて下山できないこともあり、雨や夜間の
冷え込みで予想以上に体力は奪われる」と指摘。そのうえで、「山に入る際は体調を
万全にし、万一に備えて1泊分の防寒着や食料、持病の薬、クマよけの鈴などを持ち、
一人で行動しないことが大切だ」と呼びかける。

全文はリンク先で
読売新聞 2017年06月18日 13時42分
http://www.yomiuri.co.jp/national/20170618-OYT1T50049.html
2:2017/06/18(日)21:58:18 ID:
欲を出した結果じゃね?
3:2017/06/18(日)22:17:40 ID:
夏山登山でも、転落とかより、凍死=低体温症による死亡のが多い

樹木の無い高地や稜線での悪天候とかな。

防雨防寒具・携帯ストーブ・テント・高カロリー食とか無しだと、

低めの山でも危険。

ちょっと迷うか、歩けなくなれば低体温症はすぐだ。
4:2017/06/18(日)22:42:39 ID:
暖かい季節でも服が濡れたりしたら驚くほどあっさりと低体温症になるんだよね
5:2017/06/18(日)22:48:25 ID:
気候の変化が激しいからな
行楽気分で行くとえらい目に会う
6:2017/06/18(日)22:50:09 ID:
山菜採り楽しいからなあ
モンハンやポケモンみたいなものだろ
7:2017/06/18(日)22:57:49 ID:
クマの餌場でもあるからな
8:2017/06/19(月)03:18:31 ID:
自分で食す目的ではなく、売るために取ってるんでしょ。
だから判断が鈍るんだよ。
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 06:56| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450999817

この記事へのトラックバック