2017年06月16日

【社会】指導と称し、教員が給食食べ残しの児童にカビのパンを食べさせる[6/16(金)]

1:2017/06/16(金)21:22:39 ID:
 福島県鏡石町立第一小学校で2015年度、当時1年生の担任だった女性教員(30代)が、
給食の「指導」として、カビの生えたパンや古い牛乳を児童に食べさせていたことが
16日、町教委などへの取材で分かった。
同校は先月、事実を把握し「不適切な指導だった」として保護者に謝罪した。健康被害の報告はないという。
町教委や同校によると女性教員は15年夏以降、
給食を食べ残した児童3人に「食べ物の大切さを教えるため」として、
かつて児童が残しカビが生えてしまったパンを食べさせたり、古くなった牛乳を飲ませたりした。
(以下略)

毎日新聞
http://mainichi.jp/articles/20170617/k00/00m/040/117000c

女性教諭は臨時採用ですでに期間は終えているとのこと。
2:2017/06/16(金)21:39:01 ID:
りっぱな傷害罪。
はやく逮捕しろ。
3:2017/06/16(金)21:49:08 ID:
この教員は食べ物の大切さがわかっていませんね
収監後はトラウマクラスのモノを
4:2017/06/16(金)22:00:34 ID:
残飯差し入れしてやりゃいい
カビ生えるまで放置したやつを
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 22:06| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック