2017年04月19日

【北朝鮮情勢】「米国には北朝鮮を攻撃する度胸も国力もない」「核関連施設を狙った『歯を抜く』措置は黙認」 多様化する中国の対北世論[H29/4/18]

1:2017/04/18(火)23:13:25 ID:
【西見由章の視線】
「米国には北朝鮮を攻撃する度胸も国力もない」「核関連施設を狙った『歯を抜く』措置は黙認」 多様化する中国の対北世論

(略)

中国は朝鮮半島の「非核化」と「安定」の両立を目指しているが、実態は安定を優先してきた。民主主義陣営の米韓に対する
「緩衝地帯」が必要であり、北朝鮮の政権崩壊は難民の発生など中国東北部の不安定化につながるとの判断だ。

 一方、北朝鮮の核・ミサイル開発の進展により「非核化」の優先順位が上がったと分析する研究者もいる。

 米国による北朝鮮への武力行使が現実味を帯び、日韓では核武装論もくすぶる。核施設の事故による放射性物質拡散への懸念も根深い。
中国にとって北朝鮮の核開発が「潜在的脅威」から現実のリスクになりつつあるためだ。

 ある中国人研究者は「米国の外圧」を利用して中国当局が対北政策を転換させようとしていると指摘し、こう大胆に予測する。
「表面的には武力行使反対を唱え続けるが、核関連施設だけを狙った限定的な『歯を抜く』措置は黙認する」

 もっとも習近平指導部は今年秋、中国共産党の最高指導部メンバーが大幅に入れ替わる党大会を控え、周辺国の混乱は極力避けたいのも本音だ。

続き 産経ニュース 全3ページ
http://www.sankei.com/column/news/170417/clm1704170006-n1.html
2:2017/04/19(水)05:04:15 ID:
お前んとこの飼い犬なんだからちゃんと躾しとけよ
3:2017/04/19(水)05:39:04 ID:
アメ様の大規模攻撃か刈り上げが逃亡するか、どちらかじゃないかな。
4:2017/04/19(水)06:18:48 ID:
…と、見せかけて・・・・・攻撃!
と言う作戦を中東で何度もやっていたアメリカw
油断は出来んよ
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 06:21| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/449138432

この記事へのトラックバック