2017年04月17日

【社会】「桜を見る会」に集まる人々、「風雪に耐え」と安倍総理夫妻と芸能人ら参加者の高笑いはとともに国民をバカにしているということ[H29/4/17]

1:2017/04/17(月)21:31:08 ID:
「桜を見る会」に集まる人々、「風雪に耐え」と安倍総理夫妻と芸能人ら参加者の高笑いはとともに国民をバカにしているということ

 首相が主催した「桜を見る会」が4月15日に開催されました。
 一方では北朝鮮に対する米国トランプ政権の恫喝が行われ、北朝鮮の脅威ばかりが煽られている中で、
他方で、森友学園の安倍晋三氏、安倍昭恵首相夫人の関与が強く疑われながら、安倍昭恵首相夫人の証人喚問を拒否している中で、
開催されたのがこの「桜を見る会」です。

 この写真をみてどう思われますか。

(略)

 安倍氏夫妻の何の悩みもないおめでたい姿がはっきりと見て取れます。
 ここでの挨拶は、言うに事欠いて国会運営について「風雪に耐え」だそうです。
 安倍氏は、これまで野党やマスコミから疑惑を追及されながら、とにかく巨大与党自民党によって国会での安倍昭恵首相夫人の
証人喚問を拒否し、「悪魔の証明」などと詭弁を弄して国民を小馬鹿にし続けた安倍総理が、「風雪に耐え」だというのです。

 これに大笑いする参加者も、どうかと思います。

続き BLOGOS/弁護士 猪野亨のブログ
http://blogos.com/article/218497/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 68◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491031073/833
2:2017/04/17(月)21:34:02 ID:
安倍総理がどれだけ安全保障や外交で苦労してると思ってるの?
政権をとればそれで終わりの政治屋じゃないんだよ
3:2017/04/17(月)21:36:00 ID:
写真を見ても、たのしそうやなぁ〜って感じですが?

悪魔の証明は全くその通りで、小馬鹿にしているのは国民ではなくて野党の馬鹿とそれに乗っかるお前等馬鹿ですよ?w
森友なんていう言い掛かりみたいな風雪に良く耐えたものです。
4:2017/04/17(月)21:37:00 ID:
すごいなwww
本当にどんな出来事でも人を貶める記事って書けるんだなw
5:2017/04/17(月)21:39:47 ID:
「むこうは歯牙にも掛けてなく、くやしい」まで読んだ
バカにしてるのは足引っ張ることばかり考えて、足元が見えてない連中に対してではないか
6:2017/04/17(月)21:39:50 ID:
>>1
内心参加したいんじゃないか? 嫉妬してるとしかおもえん。
7:2017/04/17(月)21:41:02 ID:
再選以来の4年間で、安部総理が何してきたかではなく、
特定の瞬間に何していたかだけを切り取って、批判する。
サヨクやマスゴミの典型的な手法。

それで騙される読者視聴者も愚かだが、この記事を書いた人物が弁護士というのだから、
今の日本がいかに汚染されてるかが解るというもの。
8:2017/04/17(月)21:41:54 ID:
風説とかけてるのか?
9:2017/04/17(月)21:47:08 ID:
歯ぎしりしか聞こえてこない
10:2017/04/17(月)22:41:00 ID:
半島のサクラを観賞し続けても春の訪れは来ない
11:2017/04/17(月)22:41:56 ID:
>国民をバカにしているということ

補足説明しますね。
猪野亨をはじめとする共産主義者、社会主義者、中共・朝鮮・韓国への内応者
皇室廃絶主義者をばかにしているということ
12:2017/04/17(月)22:43:26 ID:
なんなの…よくこんなこと平気で書けるねぇ…
13:2017/04/17(月)23:05:22 ID:
どうでもいいが、総理の嫁という立場を利用しても特に問題はないという前例ができたな
14:2017/04/17(月)23:24:41 ID:
マスゴミや野党らこそ国民を馬鹿にしてるだろ。
15:2017/04/17(月)23:30:26 ID:
ラッスンゴレライは呼ばなかったの?
16:2017/04/17(月)23:33:08 ID:
そんなルサンチマン全開にされましても
・・・そんな高級なもんでもねーかw
17:2017/04/17(月)23:34:59 ID:
犯罪者と付き合いすぎで、影響受けすぎたんじゃないのかね?
弁護士殿
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 23:39| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック