2017年03月16日

【慰安婦問題】旧日本軍による慰安婦を描いた映画『鬼郷』見た日本人観客ら、涙流して「申し訳ない」[H29/3/16]

1:2017/03/16(木)20:38:39 ID:
旧日本軍による慰安婦を描いた映画『鬼郷』見た日本人観客ら、涙流して「申し訳ない」

先月末、京畿道広州(キョンギド・クァンジュ)にある慰安婦被害者の福祉施設である「ナムヌの家」に
約660万ウォン(約66万円2000円)の寄付金が伝えられた。

海外在住韓国人と外国人の真心が込められたということから金額とは関係なく、とても意味深い支援金だった
。円貨30万円、米貨幣941ドル(約10万6000円)、ユーロ貨幣1150ユーロ(約14万円)
など全世界から集まった支援金を慰安婦被害者に伝えた人は、慰安婦を題材にした映画『鬼郷』を手掛けた
チョ・ジョンレ監督(44)だった。彼と製作スタッフは昨年7月、ナムヌの家に映画の収益金2億ウォンを
寄付したことがある。

続き 中央日報
http://japanese.joins.com/article/928/226928.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 67◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1489361296/222
2:2017/03/16(木)20:42:32 ID:
<丶`∀´> 勝った勝った、また勝ったw
3:2017/03/16(木)20:49:33 ID:
フィクション見て謝罪までするなんておめでたい人だw
6:2017/03/16(木)21:00:11 ID:
憑依

これはコイツラの芸として秀逸であり驚異だ

これ払拭できない限り()
7:2017/03/16(木)21:02:18 ID:
「ポスト真実」だ「ヘイトスピーチ」だと批判しているブサヨどもは、
こういう「嘘」を内外に流布して日本人を貶める作品を批判しろよ。
8:2017/03/16(木)21:05:09 ID:
ハイハイその調子で嫌韓煽れ
9:2017/03/16(木)21:08:44 ID:
昨年の何月号か忘れたが、文藝春秋を読んでいないと騙されるところだったわ。
在日韓国人で韓国語も堪能なライターが鬼郷について詳細なレポートを書いていた。
膨大な資料を集め、いろいろな人にインタビューをして
監督はノンフィクションだと言っているが完全にフィクションだとわかった。
それで監督にインタビューを試みたが、いろいろ理由をつけて逃げ回り
結局会えなかったとある。
しかもあの監督はノンフィクションだと宣伝して、それを韓国人は信じて
日本人を恨んでいる。
さらに平和のためにあの映画を作ったと言うがあれは日本下げのためであると言うことは明らかである。
だからあの映画を良く研究している人が現れればボロが出るから逃げまわる。
文藝春秋のレポートを読んでいなかったら騙されるところだった。
やはり韓国は世界一陰険狡猾な国だわ。
世間知らずでお人よしの単純な日本人は騙されるわな。
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 21:13| 山形 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448031579

この記事へのトラックバック