2017年03月13日

【週刊朝日/フェイクニュース】現実味を帯びる「琉球独立」?今年の元旦、琉球新報が報じた沖縄の権限強化を求める声が約35%だった。←【嘘です】「独立すべきだ」は2・6%でした。[H29/3/13]

1:2017/03/13(月)20:22:10 ID:
【記事名】現実味を帯びる「琉球独立」 歴史的第一歩を踏み出すか!?

2017/3/13 07:00
 5年後の「2022年度以降」で、日米両政府が合意した沖縄県宜野湾市の米軍普天間飛行場の返還計画。
それに向けた動きと並行するように、沖縄独立の機運が高まっていく──。

「多くの県民が、独立に近い体制を求めているのは明らか。外交権のない知事では、
基地を撤去したくてもアメリカの大統領に会うこともできないですから」

 そう語るのは『琉球独立論』(バジリコ刊)などの著書がある龍谷大学経済学部の松島泰勝教授だ。
これまでも研究者の間では「独立=復国」は繰り返し語られてきた。
ただ一般的には“居酒屋談議”の域を出なかった。そこに変化の兆しが見られるのだという。

 今年の元旦、地元紙の琉球新報が報じた県民意識調査によれば、沖縄の自治のあり方について
「独立」「連邦制」「単独州など」を選択して、外交・安全保障で沖縄の権限強化を求める声が約35%に上ったのだ。

 背景にあるのは、普天間基地返還の前提となる名護市辺野古の新基地建設をめぐる問題などで、
沖縄に対する構造的な差別を県民が認識するようになったことだ。すでに、辺野古では本格的な工事が再開した。

「日米両政府のあまりにも強硬なやり方に、沖縄の自己決定権を求める声が強まっているのです」(松島氏)

◎全文は下記からどうぞ(・ω・)ノ
https://dot.asahi.com/wa/2017031000009.html

【琉球新報】「沖縄独立派」は前回を大幅に下回り、僅か2.6%に!![H29/1/元旦]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1483245316/l50
記事名/自治権強化35%望む 「現行通り」半数割る 琉球新報県民意識調査  

「内政上の権限を強化し、さらに外交・安全保障に関しても沖縄側が政府と同等の権限を持つ連邦制にすべきだ」が
14・0%。「独立すべきだ」は2・6%だった。

ソース/琉球新報1月1日
http://ryukyushimpo.jp/news/entry-420582.html
2:2017/03/13(月)20:24:18 ID:
人民日報の琉球自治区版だからな
3:2017/03/13(月)20:26:09 ID:
いやいや、嘘じゃないかも知れんよ?
基地外活動家の中では35%あったんだろ。
4:2017/03/13(月)20:26:09 ID:
朝日新聞は中共の手先
朝日新聞は日本共産党の機関紙赤旗り姉妹紙。
【関連する記事】
posted by 美紗ちゃん at 20:26| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447883025

この記事へのトラックバック