2018年02月06日

【話題/Twitter】雪で寒いのにエアコンが効かない! どうして?……Twitterに相次いで「SOS」[18/01/23]

1:2018/01/25(木)01:24:30 ID:
雪で寒いのにエアコンが効かない! どうして?……Twitterに相次いで「SOS」

首都圏で22日昼ごろから降った大雪で、家庭で暖まろうとエアコンをつけたところ
停止してしまったなどのトラブルがツイッター上に相次いで寄せられている。

ツイッターでは「全然エアコンが効かない」「エアコンから冷たい風でてくる」
「エアコンから風でなくなった」といったトラブルが続々と寄せられた。

ダイキン工業のホームページ(HP)によると、大雪時にエアコンをつけた場合の症状として、
設定が暖房運転なのにエアコンから温風が出ない▽運転開始約5分で停止し、しばらくすると
運転を始める▽エアコンの室外機から異音がする▽室外機から湯気が出ている……などが挙げられるという。

解決策として同HPでは、空気の通り道を確保するため室外機の周りの雪を取り除く▽雪を取り除いたら、
電源プラグを抜くかブレーカーを切ってからもう一度入れ直してリモコンで再度運転を開始する−と説明している。

↓全文を読む場合は以下をクリック↓
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1801/23/news054.html

ITmedia ニュース 産経新聞 2018年01月23日 07時20分
2:2018/01/25(木)01:32:42 ID:
エアコン依存の人が多いのですね
私はこたつでぬくぬく、布団は電気掛け毛布ですよ
皆さんはどうなんでしょ?
3:2018/01/25(木)01:40:33 ID:
石油ファンヒータを使えよ
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 23:02| 山形 ☁| Comment(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【鉄道】京都鉄道博物館の500系新幹線をエヴァ新幹線仕様にラッピングへ[H30/2/6]

1:2018/02/06(火)11:08:48 ID:

京都鉄道博物館はこのほど、館内に展示している500系新幹線の先頭車両を期間限定でエヴァ新幹線「500 TYPE EVA」仕様にラッピングすると発表した。

同館で開催の特別展「500 TYPE EVA 展」に連携した期間限定の企画。
2018年2月22・23日は実際にラッピングをしている作業も見学できる。
またラッピングに併せて、館内鉄道ジオラマの500系新幹線もエヴァ新幹線仕様で走行する

(以下略)

鉄道新聞/2月5日
http://tetsudo-shimbun.com/headline/entry-1303.html

◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 80◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1516414971/
2:2018/02/06(火)18:55:59 ID:
W1編成(量産先行車)が・・・

倒壊は全くこういうのに興味を示さない、だがそれがいい
3:2018/02/06(火)19:07:17 ID:
オリジナルでいいのに…
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 23:01| 山形 ☁| Comment(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【遺跡】古代マヤ人が封印した秘密トンネル、「地下世界への入り口」か[H30/2/6]

1:2018/02/06(火)07:05:26 ID:
(CNN) メキシコ南東部ユカタン半島のチチェンイツァ遺跡で今月から、古代マヤ人が年百年も前に封鎖した
秘密のトンネルの発掘作業が開始される。
マヤ人が残した巨大ピラミッドの地下に通じている可能性もあり、マヤ文明の信仰について解明を深める手がかりになると期待される。

考古学チームはトンネルの発掘によって、「セノーテ」と呼ばれる隠された水中洞窟に到達したい考え。
水中洞窟のセノーテは、ユカタン州では唯一の淡水の水源として使われているが、マヤ文明にとっては
生活を支える存在だっただけでなく、独特の宇宙観の中心でもあった。
マヤ人がこうした場所で、雨の神「チャク」のために人をいけにえとしてささげる儀式を行っていたことも、その重要性を物語る。

「マヤ人にとって、セノーテは地下世界への入り口だった」。発掘プロジェクトを率いる考古学者のギエルモ・デアンダ氏は
そう解説する。
「マヤの宇宙観は、天と地と地底の3つの層で構成されていた」「地底は非常に重要だった。
そこは生命の起源と考えられており、この宇宙を構成する層の間の均衡が乱れると、干ばつや飢饉や疫病をもたらすと考えていた」
「そこで地底の神々との平和を保たなければならないと考え、供物を捧げていた」

マヤはスペインがメキシコに到達する16世紀以前に栄えた世界でも有数の古代文明で、特に考古学的な価値が
大きいチチェンイツァは5世紀から6世紀にかけて建設されたが、スペインに征服されるまでには大部分が放棄されていた。
構造物の中で群を抜く大きさの4面構造ピラミッド「エルカスティーヨ」は、羽毛の生えた蛇の神ククルカンの神殿で、
高さは24メートル。それぞれの面に91段の階段があり、上部の石段を合わせた合計は、1年の日数と同じ365段になる。
チチェンイツァではこれまでに4つのセノーテが発見されているが、
メキシコの科学者が2年前、エルカスティーヨの地下に隠されたセノーテがあることを突き止めていた。

(以下略)

CNN/2018.02.05 Mon posted at 18:31 JST
https://www.cnn.co.jp/fringe/35114250.html
3:2018/02/06(火)07:29:18 ID:
ジオフロントが出現するのか?
4:2018/02/06(火)07:35:44 ID:
はい、トカナ余裕でした
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 22:58| 山形 ☁| Comment(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする