2017年06月08日

【大紀元】小学校教科書からみる、イスラム国と中国共産党の共通点とは?[H29/6/8]

1:2017/06/08(木)20:30:50 ID:
イスラム国占領地域の小学校教科書が公開された。銃や戦車、ナイフ、兵士などが頻出する
算数の教科書は小学生向けと言うより、兵士育成用だ。
潜在的に子供に暴力を刷り込ませるこの教科書に、イスラム国と中国共産党の共通点が隠されている。

│暴力を刷り込む教育

英紙デイリー・テレグラフによると、イスラム国は授業の中で、爆弾の製造方法や銃器の使用方法を
教えている。未来の戦士を育てるため、暴力を肯定する教育を受けさせている。
英国の新保守主義シンクタンク「ヘンリー・ジャクソン協会(HJS)」上級研究員のニキータ・マリク氏によると、
イスラム国の子供に対する教育は、3段階に分けられる。
最初は子供を暴力に慣れさせ、次に処刑や斬首の場面を見せる。最後に軍事訓練を施すという。

イスラム国のように闘争精神を植え付け、暴力的な人物を育てる方法は、中国共産党の教育にも共通する。

(略)

続きはリンク先で
大紀元 2017/06/07 22:00 (全2ページ)
http://www.epochtimes.jp/2017/06/27614.html
3:2017/06/08(木)20:36:37 ID:
ギリギリがウマいコレw
4:2017/06/08(木)20:44:57 ID:
北朝鮮もかなりすごいぞ
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:57| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【社会】阪神高速で追突事故 ブタ19頭逃げ出す[H29/6/8]

1:2017/06/08(木)19:18:12 ID:

(略)

8日午前9時40分ごろ、大阪府池田市の阪神高速池田線で、路肩に停止中だった
トラックに、ブタを乗せたトラックが衝突した。この事故で、荷台からブタが逃げ出し、
高速道路上に19頭が投げ出された状態になった。
ブタを運んでいたのは京都の業者で大阪の南港に向かっていたという。

ブタを運ぶためのトラックは改めて用意されているが、全てのブタの捕獲には
至っておらず、通行止めが続いている

(略)

日テレニュース24 2017年6月8日 14:19 (動画はリンク先で)
http://www.news24.jp/articles/2017/06/08/07363706.html
3:2017/06/08(木)19:28:03 ID:
中国ならもう人民の胃袋におさまってるな
4:2017/06/08(木)19:28:31 ID:
そこら中豚がゴロゴロ
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:55| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【政治】「辻元清美さんは皇室を『生理的に嫌だ。同じ空気を吸いたくない』と書いた」日本維新の会・足立康史氏が攻撃、辻元氏の“言い訳”は[H29/6/8]

1:2017/06/08(木)18:07:51 ID:
日本維新の会の足立康史衆院議員は8日の衆院憲法審査会で、民進党の辻元清美衆院議員が
皇室について「生理的に嫌だ」と記した過去の著書などを挙げて批判した。
辻元氏は「一面的だった」と反省の弁を述べた。

足立氏は辻元氏が過去に「私はいま『護憲派』といわれているが、(憲法)1条から8条はいらない。
天皇制を廃止しろとずっと言っています」と発言していたと指摘し、辻元氏を改憲派に位置付けた。

さらに過去の著書で皇室について、「生理的に嫌だと思わない? ああいう人たちというか、
ああいうシステム、ああいう一族が近くで空気を吸いたくない」としていたことを挙げ、
「こうした発言を繰り返す辻元氏が何の弁明もなく憲法審査会の幹事として要職にあるのは適当ではない」と斬り捨てた。

(略)

続きはリンク先で
産経ニュース 2017.6.8 11:54 (全2ページ)
http://www.sankei.com/politics/news/170608/plt1706080022-n1.html
2:2017/06/08(木)18:13:13 ID:
こういうのテレビでもやってくれよ
ゴミカス議員は淘汰されるべきだ
3:2017/06/08(木)18:19:33 ID:
ムクゲ辻元清美先生は愛する北朝鮮に逝っていいですよ、どうぞ遠慮なく
その前に生コンと野田公園のことキチンと説明してくださいな
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:53| 山形 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする