2017年04月18日

【訃報】評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数[H29/4/18]

1:2017/04/18(火)04:09:06 ID:
評論家の渡部昇一氏が死去 第1回正論大賞、「知的生活の方法」など著書多数

 本紙正論メンバーで第1回正論大賞を受賞した英語学者・評論家で上智大名誉教授の渡部昇一
(わたなべ・しょういち)氏が17日午後1時55分、心不全のため東京都内の自宅で死去した。
86歳だった。葬儀・告別式は親族で行う。喪主は妻、迪子(みちこ)さん。後日、お別れの会を開く。
ここ数日、体調を崩していた。

 (略)

 57年の高校日本史教科書の検定で、当時の文部省が「侵略」を「進出」に書き換えさせたとする
新聞・テレビ各社の報道を誤報だといちはやく指摘し、ロッキード事件裁判では田中角栄元首相を
擁護するなど論壇で華々しく活躍。一連の言論活動で「正確な事実関係を発掘してわが国マスコミの
持つ付和雷同性に挑戦し、報道機関を含む言論活動に一大変化をもたらす契機となった」として60年、
第1回正論大賞を受賞。東京裁判の影響を色濃く受けた近現代史観の見直しを主張するなど、保守論壇の重鎮だった。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180003-n1.html


【渡部昇一氏死去】
戦後の言論空間に風穴、勇気ある知の巨人

 産経新聞正論メンバーで論壇の重鎮として活躍した渡部昇一さんが17日、86歳で亡くなった。

 人権教や平等教といった“宗教”に支配されていた戦後日本の言論空間に、あっけらかんと風穴を開けた真に勇気ある言論人だった。
いまでこそ渡部さんの言論は多くの日本人に共感を与えているが、かつて左翼・リベラル陣営がメディアを支配していた時代、
ここにはとても書けないような罵詈(ばり)雑言を浴びた。渡部さんは、反論の価値がないと判断すれば平然と受け流し、
その価値あると判断すれば堂々と論陣を張った。

続き 産経ニュース 全2ページ
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180004-n1.html

産経ニュース
【渡部昇一氏死去】
「日本について解説できる、かけがえのない存在」櫻井よしこさん
http://www.sankei.com/life/news/170418/lif1704180006-n1.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 68◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491031073/865-866
2:2017/04/18(火)04:45:26 ID:
先生の新世紀歓談で慰安婦問題の嘘がわかった。
それまでは左派メディアの主張通りの強制連行説を信じていた。
たしか高校教師が韓国紙の昔の新聞広告を持ち出して日本軍の組織的
犯罪の証拠扱いしていたが、その広告を拡大すると給料についての記
載があり、しかも募集主は朝鮮人だった。
南京の嘘もその番組で知った。当時、南京の城壁を日本軍が破壊した
とNHKが宣伝していた。番組では南京入場時、日本軍が中国の文化
財を守るために城壁を破壊せずに梯子を使用していた写真を持ち出し、
文革で破壊されたと反論していた。
当時、まだ左翼的だった自分だが、左翼文化人やメディアを堂々と批
判する姿は痛快だった。
ネット以前の、左翼が圧倒的に優位で強大な影響力を持っていた時代
から保守・愛国言論活動を行っていたのは勇気のある立派な行為だ。
3:2017/04/18(火)09:37:47 ID:
ご冥福をお祈りいたします。
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:25| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【話題】読書離れ進行「なぜ読書をしなければいけないの?」への回答[H29/4/18]

1:2017/04/18(火)18:29:56 ID:
読書離れ進行「なぜ読書をしなければいけないの?」への回答

 2003年度に全国に2万880店あった書店は2016年度には1万4098店とわずか十数年で約3割も減った。毎年500店以上が閉店し、
昨年も668店舗が姿を消した。今や書店が1つもない市町村が全国に332もある(日本書籍出版協会資料・2015年5月時点)。

 なぜ書店がこんなにも減っているのか。文化庁が16才以上の男女を対象に行った調査では「1か月に本を1冊も読まない」
と答えた人が47.5%(2013年度)。2002年度の37.6%から10%近くも増加した。

 今年2月に発表された全国大学生活協同組合連合会(東京)の調査でも「1日の読書時間ゼロ」と答えた大学生が約5割にのぼった。
学生時代はいちばん本が読める時期なのに――と思うのは、昔の感覚なのだろうか。

 3月8日付の朝日新聞に、21才の大学生からのこんな投書が掲載された。

《本を読まないのは良くないと言えるのだろうか。(中略)もし、読書をしなければいけない確固たる理由があるならば教えて頂きたい》

 これに対するさまざまな意見が、4月5日付朝日新聞の「声」欄に寄せられた。

《私も時間を削ってまで読書する必要はないと思う。なぜなら、効率が悪いからだ。(中略)読書を押しつけるのは、
運動が苦手な人にスポーツを押しつけるのと同じである。楽器が弾けない人に、今すぐ弾けと言っているのと同じだ》(14才・中学生)

《現実に出会った人よりは、本で出会った人がはるかに多いのです。いかにたくさんの人と出会うか、それが読書なのだと思います》(64才)

続き NEWSポストセブン 全3ページ
http://www.news-postseven.com/archives/20170417_510788.html


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 68◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491031073/885
2:2017/04/18(火)18:48:08 ID:
その新聞読む時間を削ったほうがいい
3:2017/04/18(火)19:04:19 ID:
http://www.aozora.gr.jp/cards/000148/files/781_14965.html

千円札にもなったおっさんの日記
現在と近代で人の考えを比較できる
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:24| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【馬淵澄夫 俺がやらねば】長島氏の離党は残念 「共謀罪」には徹底抗戦[H29/4/18]

1:2017/04/18(火)18:40:23 ID:
【馬淵澄夫 俺がやらねば】長島氏の離党は残念 「共謀罪」には徹底抗戦 (1/2ページ)
2017.04.17

 長島昭久元防衛副大臣=衆院東京比例=が10日、野田佳彦幹事長に離党届を出した。当選同期の仲間として長い間
苦楽を共にしてきただけに、ただ「残念」としか言いようがない。

 党選対委員長として、1点だけ付け加えておきたい。

 長島氏は10日の記者会見で、民進党を離党する理由について「共産党と『共闘』する党方針は受け入れがたい」と語ったが、
それは違う。共産党とは、現状、野党がつぶし合っていては与党を利するだけとの認識で、選挙区で候補者をバッティング
させないための「調整」「連携」を志向している段階に過ぎない。

 自民党に代わる「真の保守」の旗を掲げるのであれば、野党第1党である民進党の立て直しこそが本筋だと、私は信じている。

 一方、通常国会は、後半戦を迎えている。最大の焦点は、いわゆる「共謀罪」の新設のために政府が提出した組織犯罪処罰法改正案だ。

続き ZAKZAK 全2ページ
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170416/plt1704161000002-n1.htm


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 68◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1491031073/897
2:2017/04/18(火)18:59:44 ID:
この人は保守派じゃないのかな
3:2017/04/18(火)19:02:08 ID:
>共産党とは、現状、野党がつぶし合っていては与党を利するだけとの認識

なんか視点がズレてるんだよな
日本国民が利するかどうかで行動しないのか?
続きを読む
posted by 美紗ちゃん at 20:24| 山形 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース速報+ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする